良ければ↑の画像をクリックをお願いします

雑記

【今日から実践できる】人に物をうまく伝える”技術”について【3分で読める】

2020年8月24日

Pocket

すばる
どうもスバルです。今回は人に物を伝える方法について真剣に語ってみるよ

 

この記事について

この記事は、人に物ごとを伝えるための技術について書いている記事です。

検索から記事を読んで頂いている方は、自分の説明が、他の人間に伝わらないと体感している方がほとんどだと思います。

そんな人に向け、様々な本やブログを読み漁って、人に伝わる技術を実践してみた筆者が、一番効率良いと感じた方法を伝えたいと思います

 

僕は、今とあるメーカーで商品企画をしています。そんな僕が入りたてだった時に一番苦手だった仕事が人に物を伝える事でした。
どうやっても、うまく理解されなくて「ん?それってどういう事」と何回も聞き直され、辛い思いをしていました。

商品企画はうまくものを伝える事ができないと、間違った仕様になってしまい余計な費用が発生してしまうため、伝える能力が絶対的に大切になります。

人に伝える方法について、真剣に悩んだ僕はひらめきました。

 

世の中に同じような人いっぱい居るでしょ。本とか買って学ぼう
困った人

 

この記事では、そんな筆者が様々な本やブログを読んで得た答えを、手短に簡単に説明していきたいと思います

 

人に話を伝える”技術”の結論について

伝わるポイント

端的に誰が聞いても理解できる単語で伝える
WHAT、WHY、HOW、の順で伝える
ゆっくり話す

 

端的に”誰でも理解できる単語で伝える事

人に伝えるときに必要な事は簡単です。できるだけ”端的に””シンプルに”です。

人に物ごとを伝えるのが苦手な人間は、「一言で言うと何なの?」「つまり?」と聞き返されたりする事が多いです。これは物事をシンプルに伝えられていないからです。

では、なぜ物事を端的に説明できないのでしょうか?答えは簡単です。「自信が無いから」です。

身の周りで話すのがうまい人を思い浮かべてみてください。自信なさそうな人っていますか?あまり思い浮かばないかと思います。

何故、自信が無いと情報量が多くなるのでしょうか。それは”伝える情報量が多くなる”からです。

自信が無くなると人間は過剰に説明をする傾向があります。では自信が無い人はどうやって説明すればいいんでしょうか。

 

結論は「簡潔にできるだけシンプルに話せ」です。

これを実践すると面白いほど伝わるようになります。やり方は簡単です。

 

頭の中で話したい内容に対して「要するに何?」を繰り返してみてください。

繰り返すほど具体性が増していきます。3回ほどやれば十分かと思います。

大事なのは、自分の中で本当に伝えたい事を理解し、できるだけ直線で最短に相手に伝える事になります。

”多くの情報から取捨選択させるような話し方は理解されずらいです。情報の中から本当に必要な要素を選んで話をすることが重要”です。

 

何を” ”何故” ”どうやって”を必ず伝える

物を伝える過程で、苦労した事として、「なんでこの人には伝わらないんだろう?」という特定の人が居た事です。

その人間に伝える方法についてかなり模索をしました。


結論から話すと、「人それぞれ思考のプロセスが違うから、全員に伝わる王道の話し方をしろ」です。

理系と文系が違うように、ある程度ふんわりしてても理解できる人間もいれば、しっかり理論立てしてないと理解できない人間もいます。大は小を兼ねるで言うと、理論立てをしないと理解が出来ない人間に伝われば全員に伝わります。

この理論立ての人を理解させるためにオススメなのが、What(何を) →Why(なんで)→ How(どうやって)  の順番で話す事です。

この記事の頭につけている紹介文ですが、

WHAT: この記事は、人に物ごとを伝えるための技術について書いている記事です。

WHY: 検索から記事を読んで頂いている方は、自分の説明が、他の人間に伝わらないと体感している方がほとんどだと思います。

HOW: そんな人に向け、様々な本やブログを読み漁って、人に伝わる技術を実践してみた筆者が一番効率良いと感じた方法を伝えたいと思います

の順番で書いています。

これを読んで、なんで?となる方はいないかと思います。先ほどの大は小を兼ねるという話で言うと、この順番で説明すれば”大”の人に伝わるので、全員に伝わります。
是非実践してみてください。

 

ゆっくり話す

最後がゆっくり話すです。人間は耳から入った言葉を自分の頭で噛み砕いて初めて理解します。

早口でつぎはやに伝えると、かみ砕く前に次の言葉が来てパンクします。なので、ゆっくり話す事が重要になります。これは明日からでもすぐ実践できる事かと思います。

 

まとめ

人に伝える為に必要な技術はたったの3つで、①端的に簡単な単語を使って、②何を、どうしたいのか、その理由を③ゆっくり伝えれば、上手く理解し伝わるようになります。

僕はこれを実践するようになってから、うまくプロジェクトを管理することができるようになってきました。人にうまく伝える事は仕事の効率化や、信頼関係にもつながってくるので是非実践してみましょう。

この記事が暇つぶしになった方は是非クリックをお願いします。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

 

-雑記
-,

© 2021 スバルログ Powered by AFFINGER5