新台紹介記事

6号機ハナハナが登場。BIG200枚は受け入れられるのか?

2020年10月23日

Pocket

遂に6号機でもハナハナが打てると聞いて飛んできました。期待できるんでしょうか?

調べてみた所、正直なんとも微妙なスペック説が出てきました

ネットに出ているスペックを元にどんなポジションや設定状況になるか調べてみました

 

 

Sニューハナハナゴールド-30 (パイオニア)

メーカーは当たりまえですが、パイオニアです

 

仕様

Aタイプです。流石にパイオニアはそこは曲げませんw

ボーナス獲得枚数

BIG…224枚 
REG…112枚

少なく抑えてきました。5号機で近い物で言うとクランキーセレブレーション当たりでしょうか?6号機の事情が見え隠れします。

 

その他情報

1000円毎の回転数:48回転

1000円で結構回ります。

本来、Aタイプは「ボーナス枚数×初当たり確率」で攻めるのが上策だと思いますが、この台は初当たりを5号機ライクに抑えつつ、1000円当たりの回転数を超上昇させました。8割くらい握手な気がしてます。

 

ボーナス確率

設定 BB確率 RB確率 初当たり合算
1 1/297 1/496 1/186
2 1/284 1/458 1/175
3 1/273 1/425 1/166
4 1/262 1/397 1/157
5 1/251 1/370 1/149
6 1/240 1/344 1/141

正直5号機の数値と大して変わりません。ただBB枚数が100枚減っているのを考えるとユーザーの印象は「劣化」に感じるのではないでしょうか。

 

機械割

設定 出率
1 97.00%
2 99.00%
3 101.00%
4 103.00%
5 105.00%
6 107.00%


機械割は正直悪いと思います。高設定に夢がないスペックと言っていいでしょう。5000枚はギリギリ目指せますがツモってもいい所、3000枚程度になりそうです。

光らせるのが好きなのか。メダルが出るのが好きなのか。この台の評価でわかりそうなものですね笑

 

 

ツインドラゴンハナハナとの機械割比較

設定 出率
1 96%→97.00%
2 98%→99.00%
3 101%→101.00%
4 104%→103.00%
5 107%→105.00%
6 112%→107.00%

 

ボーナス確率は言うほど変わらないので、一番差があったツインドラゴンハナハナとの機械割での比較をしました。うーん、高設定域が軒並み下がっているじゃないか…これに合わせてBB枚数も減っているのか…

6の112%→107%は致命的ですね

 

まとめすばる的感想

正直思った感想はおそらく皆さまと同じです。

すばる
大手メーカーが機種の覇権を維持しようとするにはしょぼくね?

 

おそらく相当遊べるスペックだとは思います。1000円ベースも48回転と5号機初期のAタイプを思わせる感じです。

 

ですがユーザーが求めているのってそっちでしたけ?と言う印象ですね。今後、この台がホールのハナハナコーナに置かれると、今のハナハナよりも1000円で回る分お店が回収できないので、おそらく設定は入らない方向性に行く気がしています。

まどマギ反逆のようにハズレの高設定イベントで使われそうな感じもしますね。まあ出てみるまで分からないので期待せず待ちますW

 

正直前回記事で紹介した海物語の方が圧倒的にスペック良しです。※以下現状6号機タイプ最高スペックの参考記事

S Lucky海物語のスペックが6号機Aタイプの最強スペックの件

続きを見る

 

GOGOボタンクリックお願いします!w

 


■他のパチスロ実践記事はこちら

他のパチスロ実践記事はこちら

-新台紹介記事

© 2021 スバルログ Powered by AFFINGER5