良ければ↑の画像をクリックをお願いします

設定判別

【完全版】コードギアス3 設定判別・設定差・終了画面示唆・高設定挙動・判別要素

2021年8月4日

Pocket

コードギアス3についての設定判別要素について現状わかっているものをまとめて見る

コードギアス設定判別要素

サミー公式の開発マイスロから情報は転記しているものが多数あります。逆に公式発信なのでかなり信頼度は高い情報と考えていいです。

タイトルに[強]が有るものはそれ一つで判別可能になるもの。中は他要素と合わせて、弱は出現すればチャンス程度で考えてほしい。

特に⑥の要素を注目してみると早い設定看破につながるだろう

 

設定差①[弱]スイカ確率 最低1000回転程度は必要

この位の確率だとぶっちゃけ最低でも1000回転くらい回さないと全く差が付かないので他の要素と一緒に判別してください

 

設定差②[弱]スイカ+ハイパーBIG 1回出現で大チャンス

この値はゼロボーナス中(黒バーボーナス成立中→枚数をカウントしないと正確な判断不可)を含まない数値になっています。

スイカ+HBBが成立時は大チャンス。早いうちに出た場合は、捨てずに少し粘ってみるのもありです。1日2回出た場合は高設定にかなり期待可能確率だと思います。

 

設定差➂[中]ギアスリプ+ノーマルBIG 1回出現で大チャンス

この値はゼロボーナス中(黒バーボーナス成立中→枚数をカウントしないと正確な判断不可)を含まない数値になっています。

ギアスリプからの当選は1度出るだけでかなりの設定差が有るため期待できる要素になっています。

 

 

 

設定差④[弱]強チャンス目+RB 複数回出現で大チャンス

この値はゼロボーナス中(黒バーボーナス成立中→枚数をカウントしないと正確な判断不可)を含まない数値になっています。

こちらは重要度は低いですが、他の要素と合わせて参考にしてください。

 

 

 

設定差⑤[中]強チェリー目+RB 複数回出現で大チャンス(早めに出現した場合は様子見)

この値はゼロボーナス中(黒バーボーナス成立中→枚数をカウントしないと正確な判断不可)を含まない数値になっています。

2倍以上の大きな設定差がついているポイントです。3000回転ほど回すと結構差が付きますが、そこまで回さないと思いますので答え合わせ要素の一つになります。

他の要素と合わせて参考にしてください。

 

 

 

設定差⑥[強]各種ボーナスからCZへの移行率 ※RB→政略戦の移行率が最も重要

各種ボーナスからCZに移行するのにはかなりの設定差が存在

特に注目してほしいのは、設定1と設定6の突入率差だが、「RB・ゼロ図柄」のCZ突入率は超大幅に設定差が存在している

逆にHBBやNBBからの突入率にも差がついているが、早いうちに体感できる差ではないため、注目すべきはなんといってもRBだろう。

 

 

設定差⑦[弱] AT初当たり確率

後ツモの際はATの初当たり確率に注目しよう。

設定示唆要素⑥でわかる通り、とにかくATの初当たりは政略戦(CZ)に依存しているため、単純に高設定の方がボーナス終了後のATの履歴が増えるはずだ。

 

 

設定差⑧[強] REG中のキャラ紹介

ノーマル・赤・金とキャラ紹介が存在。

シャルルは設定4以上。CCは設定6との事

 

 

設定差⑨[中] CC ZONE確率

 

設定 確率
設定1 1/6152
設定2 1/5165
設定3 1/5165
設定4 1/4062
設定5 1/3638
設定6 1/3158

 

CCZONE&CC揃いの確率にも差が有る。設定1で「1/6152.4」。高設定では「3000分の1~5000分の1程度」であると想定できる。

早いうちに入ったら粘っても良いのかもしれない(高設定実践データはほぼ1回は引けている)

高設定確定実践時は「CC揃い」の回数が明らかに多いのは間違いない。低設定打ち切りデータの場合はCC揃いが1日数回程度が多いが、高設定データの際に10回超えデータが複数存在している。

ちなみにここに設定差が有ると思っている理由は初代ギアスがCC揃い確率とART中のハズレ確率に差があったからだ。(結構踏襲してるイメージ有る&実践データ上も可能性高い)

 

 

設定差⑩[弱] 蜃気楼/ガヴェイン突入確率

ギアスにおいては、設定5がガヴェイン突入確率が一番高い。

イベント日等で「AT複数回突入している」&「ガヴェインを複数回確認した台」は後ツモのチャンス。(実際は隣の台でもないと中々厳しい条件だが…)

 

設定差⑪[弱] AT枚数

設定6は初当たり確率と機械割から逆算しても、ATの期待枚数が他設定に比べ少ない。なので何かしらの条件で枚数を抑えていると考えてよい。

絆2と同じだが、伸びにくくATに入りまくる台は設定6の可能性が高い。Twitter上も単発率がかなり高いと話題になっていた。

設定5ですら388分の1のATが、設定6だと320分の1な事からも挙動で設定6を見分けられる可能性は非常に高い。

 

 

設定差⑫[強]エピソード

役割 エピソード名
奇数示唆 「血染めのユフィー」「想いの力」「偽りの弟」
偶数示唆 「シャーリーと銃口」「変わらない想い」「過去からの刺客」
高設定優遇 「せめて悲しみとともに」「仮面を、ふたたび」
高設定濃厚 「魔人が生まれた日」・「女の戦い」

優遇エピソードは他の要素と合わせて確認すると良い

 

設定差⑬[強] 注目すべきAT終了画面

設定で条件が有る画面は以下の通り、この他の画面は気迷いが発生する要素になりうるので割愛する。

 

 
設定2以上

 

 
設定4以上

 

 
設定5以上

 

 
設定6以上

見逃さないようにしよう。

 

設定差⑭[強] サミートロフィー出現有無

ボーナス・ART終了画面等で出る可能性が有ります。

一度でも何かしら出現で設定2以上が確定します。ボーナスやART終了画面には注意してください。

 

 

設定差⑮[強] 通常時CC斜め揃い

またCC揃い(並行含む場合は)

設定 確率
設定1 1/13937
設定2 1/10581
設定3 1/6575
設定4 1/5047
設定5 1/4977
設定6 1/4337

順押しかつ斜めのCC揃いについては、発生時点で設定3以上確定

 

実際のホールでの機械割

どうやら設定6の機械割が大幅に低く出ているようだ。ただ設定5より低いことは考えられないため109%以上である可能性が高い

本機はA+AT機(頭文字Dと同様で目押し位置で軽度のペナが有る可能性大)&スイカ等目押しが有る機械では有るので、実際より低く推移していることが考えられる。

 

 

高設定を掴んだ場合の期待値

設定6を110%と定義すると11時間で2500枚程度の期待値が有る。112%あった場合は3000枚程度になる。

 

高設定時のグラフ

・設定5は番長3と一緒で一撃待ち
・設定6は右肩上がり
・低設定はAT激重の右肩下がり
の傾向が有る

 

まとめ

ギアス3はとにかく荒い台です。設定4以上が確定していても設定6ではない限り普通に大負けの可能性が有ります。

設定4でもホール平均で、105%程度は有るみたいですのでイベント狙いについては可能な機種では有りますが、信頼度の高いお店で粘る事をおススメします。

設定4確定した実践でも5万負け等が報告されており「とにかく自力」の5号機ATのような台になっています。

早め早めに島状況や数値等を見て判断できるようにする事で勝率を上げられる台だと思いますので、くれぐれも一つの要素でタコ粘りしないように気を付けてください。

 

 

 

まどマギ4も同じくまとめているので是非どうぞ

 

【最新】まどマギ4設定判別・セリフ振り分け・高設定挙動・設定差・設定狙い

 

-設定判別

© 2021 スバルログ Powered by AFFINGER5