良ければ↑の画像をクリックをお願いします

パチスロ/パチンコ 業界ネタ記事

【6.3号機登場】差枚数2400枚に変更で出来るスペックは?

2021年12月4日

Pocket

どうもお久しぶりです。ブログの更新が不定期になりつつあるすばるです。

今回はMY2400枚から差枚数2400枚上限に変わると言う緩和が行われるスロット6.3号機についての話になります。

わかりやすく何がどうなるのか説明していきますね。

差枚数緩和はおそらく6.3号機扱いになる

大きい内規の緩和 (6.1号機→ペナによる低ベース解禁、6.2号機→有利区間3000G)が行われた時に少数点第一位が変わります。

なので今回の変更も6.2号機→6.3号機の内規変更になるでしょう。

 

6.3号機はメダルレスだけじゃない緩和?

6.3号機は「メダルレスだけではなくメダル有り機」でも緩和になるでしょう。理由は以下の二つです。

①今すぐメダルレス機に全て移行する事はかなり厳しい。ホールも設備を買う余裕はない。メーカーも部材が無いはず。

②メダルレスのみ緩和だと、メーカーは今後売れなくなるで有ろうメダル有り機を作るメリットが無くなってしまう。(しょぼい方は売れないから)

 

ここから考えられるのは6.3号機はメダルレスだけではなくメダル有り機も緩和されるであろう事です。

逆にメダルレスは更に有利な特典がついて来るとも考えられますね(数年後はメダルレスだけになっていると思います)

 

6.3号機になる事でどんな機械が作れるようになるの?

6.3号機になる事で何が変わるのか説明していきましょう。

ポイント

① 有利区間3000Gの中で一撃5000枚も可能になる

② 投資分が返ってくる(①と同じ理論で飲み込んだ分を回収可能)

➂ 有利区間の引継ぎシステムが重要になる

一つずつ、説明していきましょうか。

 

一撃5000枚が可能になる

低ベース35G/高純増(8枚)の台の有利区間3000Gで考えて見ましょうか。

▼計算概要

・2290回転で飲み込める枚数=(2290/35回転)=3271枚

・2290回転時に出せる上限枚数=3271+2400=5671枚

・5671枚出すのにかかるG数=5671枚/8枚=708G

▼結論

2290回転飲み込み、708G間純増8枚で出す。

⇒ 有利区間の上限3000Gの内の2998Gで理論値5671枚出せる

上記の式が6.3号機の持てる最大の可能性ですね。

 

投資分が返ってくる

自分が飲ませた枚数分にプラスして2400枚出せる事になると言う点は、6号機の「クソカス」ポイントでも名高い2400枚に上限の緩和になります。

例えば、天井1000Gの台で天井まで3万投資していたら 投資分の3万円+2400枚出せるという事になります。

多少打つモチベーションが変わりますね。

 

有利区間の引継ぎシステムが重要になる

6.3号機で一番重要になる点は「差枚数がマイナスの有利区間」は切らない方が得と言う点です。

有利区間が切れてしまうと差枚数のマイナスがリセットされてしまいます。

だからこそ、枚数を飲みこんで出すようなハイエナ向きの台がより作りやすくなってしまったとも言えますね。

ただ、有利区間ランプ等も同時に廃止してくれるので有れば、かなりどこからでもチャンスが有るいいシステムになるとも言えますね。

 

6.3号機に向いてる機種とは?

一撃を出すという意味だけで行けばリゼロスペックがおそらく向いています。

純増が高く、ベースが低いので、その分枚数が出せます。

 

ちなみに…

この話が出た時に1撃で出すバランスにすると崩れるとかMYだから出せるバランスが有ったという話が有りますが、、、流行ってないのでそんなバランスは誰も求めてないのでしょう。

そしてデメリットとして一番有るのはハイエナ台が増える事ですが……有利区間がいつ切れるかわからないので意外と難しい内容になるでしょう。

今回の緩和の性質を考えると、一緒に有利区間ランプも撤廃も近いと思います(だってメダルレスから有利区間ランプなんてないハズなので…)

 

 

今後のパチスロ業界とは?

現在、パチスロ業界は完全なるオワコン業界です。

遊技人口も年々減っていっていますし。ハイエナと設定狙いの人口が増えすぎ(それ以外に勝てる気もしないのが事実だが)て一般客が激減しています。

ギャンブルとしてはパチンコに全く歯が立ってないので、パチスロをより好んで打つ人はかなり減っているのではないでしょうか。

 

そんな中で今回の差枚数の規制で遊技人口が増えるか?と言うと、まず増えないでしょう。

6.3号機の緩和はパチスロが面白くなるクリティカルな緩和ではないからです。

ただパチスロが緩和の方向に進み始めたという事実が「非常に重要」です。

 

何故ならば、規制と緩和は完全に時期で区切られているためです。

パチンコは規制緩和で「遊タイム」や「時速5万発」等やりたい放題出来る状況になっています。

これは細かい緩和の組み合わせで出来るようになっています。

今までの流れを考えると、今後のパチスロ業界は当分緩和の嵐になってくるのではないかと思います。

逆にならなかったときはこの業界が終わる時なので、これからも僕は元ライターもどきとしてこの業界を注意深く見ていきたいと思います。

最後にまとめましょう

 

 

当分前よりメダルレスは有利区間G数が無くなるという噂が有りましたね。

今回の緩和によって、メダルレスは「差枚2400枚に変更+有利区間の撤廃」になる可能性が高い?(不明ですが…)

【メダルレス?】パチスロ6.3号機とは?いつ導入されるかを説明

 

ここまで読んでしまった方は是非クリック

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

すばるおすすめ今熱い広告(お金的に)

「初回トレード」で1万円以上キャッシュバックの期間限定キャンペーン中!

すばるログ人気記事

-パチスロ/パチンコ, 業界ネタ記事

© 2022 スバルログ Powered by AFFINGER5