ブログ記事のタイトル関連

クリックしたくなるブログ記事タイトルとは?【厳選テク4選も紹介】

2020年11月21日

Pocket

「ブログ記事において、記事タイトルは最重要っていうけどどうやってつければいいの?」

そんな疑問を解決します。

ブログ記事のタイトルを変えるだけで記事のクリック率は「とてつもなく」変わります。

 

今回の記事では、よりクリックされやすい「タイトルのつけ方」について書いています。

この記事を読んだ上で、自分のブログ記事のタイトルを調整してあげれば効果は必ず出ると思いますので、ぜひ実践してもっと読んでもらえるようにしましょう。

 

✓ ブログ管理人について

 

すばる
スバルログの管理人です。よろしくお願いします

 

タイトルの大切さを知ろう

まずはタイトルの大切さについて説明します。

 

ネット社会の今、世の中に情報は溢れています。当然全部は読めないので僕ら読み手は情報を取捨選択しますよね?。たくさんの人に読んでもらえる条件は、「取」の選択をされる見出しにする事です。

 

「取」の選択をされる記事を書くことの重要性は、「コピーライター」と言う職種が有る事が証明しています。「コピーライター」は限られた広告のサイズ内で、「取」の選択をどうやって取らせるかを日々考えています。

言ってしまえば、「同じ商品」を言い表す言葉を、よりキャッチーなキーワードに言い換える仕事です。

・「スキー・スノボに今年も来てほしい」→「全部雪のせいだ」

・「京都旅行のツアーを売りたい」→「そうだ、京都に行こう」

 

少しでも気になるキャッチコピーを生むこと。これがタイトルの重要性の本質です。

 

 

ブログに置いてのタイトルの重要性

ブログにおいては、「全部雪のせいだ」のようなキャッチコピーは向いていません。

例えば「スキー・スノボ 旅行」と調べたとして「そうだ雪のせいだ」というタイトルでは「Google検索」にヒットしません。

ブログタイトルは検索で表示させたいキーワードにする事は必須になります。

 

では数有る情報の中から、どうやって自分の記事をクリックさせるのかについて解説していきます。

 

 

押したくなるブログタイトルのテク4選

Image by Hebi B. from Pixabay

ここからは実際に押したくなるブログタイトルのテクについて紹介していきます。

以下に記載する4選をブログタイトルに活かす事で必ず効果が出ると思います。

 

 

手軽さをアピールする

人間は基本めんどくさい事には拒否感が有ります。

「半年でじっくりマスター」と言われている記事と「読むだけでわかる」と書いてある記事のどちらを読みたいですか?

単純に「かかる時間が短い」方を優先しますよね。

 

つまり手軽さを伝えるタイトルを書いてあげる事でクリックしたくなります。いくつか例を挙げます。

 

 

手軽さをタイトルに使う例

「3分で出来る簡単レシピ」

⇒「3分」「簡単」と言う単語で手軽さをアピール

・「手軽に出来る電子レンジレシピ」

⇒「手軽」と言う単語と電子レンジで手軽さをアピール

「始めて料理を作る方にもおススメ、入門レシピ」

⇒「始めて」「入門」で難易度が低い事をアピール

 

どうでしょうか。手軽さをアピールすることでより「今すぐ」やってみよう感が出ませんか?

手軽さをアピールする言葉はジャンルによっても異なると思います。

テニスだったら「グリップの握りを変えるだけでスピンサーブが100倍簡単になる」とか、○○するだけでと言うのも効果的です。

 

 

お得感・特別感を出す

これはクリックした方が自分の利益になるなというタイトルをつけるのも一つの手段になります。

 

お得感特別感をタイトルに使う例

「知っている人だけが得をするクレカの隠された優待10選」

→「知っている人だけが得をする」で、知らない可能性の有る自分が損をするのではないかと思わせる&知る事で利益が発生する事をアピール

「【無料】音楽配信サイト10選」

→「無料」と言う単語は魔力がありますw。無料なら失敗してもいいかと思いとりあえず見てみようと思う心理が発生しクリックされやすくなります。

「ブログ開設のいろは【当サイト限定特典付】」

→「限定」と言う単語にも魔力があります。

 

このように、タイトルに特別感を出すことでクリック率が上がります。

【今だけ】とか【知る人ぞ知る】とか【無料】などの単語を好むのが人間の修正なのかもしれません。

 

数字でアピール

数字を使う事でより「そこまでの道のり」を読み手に想像させることができます。

 

数字をタイトルに使う例

「テニスのうまくなる3つのコツ」

→「3つ」だけのコツでテニスがうまくなるので有れば見る価値が有るなと思いますよね

「ブログ開設のための簡単3ステップ」

→たった「3つ」のステップを踏むば、ブログが開設できるなんで手軽だなと言う感覚になります。

「ブログ記事の書き方を10枚の画像で詳しく教えます」

→「10枚」の画像を使ってわかりやすく教えてくれそうだなと言う感覚を生みます。

 

数字を使う事でより具体的なイメージが付き、心の準備がしやすくなります。

 

これだけ読めば良い感を出す

ネット検索で何個もサイトを巡るのはめんどくさいですよね。なので、この記事を読めば必ず解決しそう感を出してあげるのも一つの手です

 

これだけ読めばいい感をタイトルに使う例

「ブログで稼ぐための教科書【完全版】」

→【完全版】等でこの記事を読めば完璧なのね!感を出してあげる事で少し長くても読む気になります。

「邦ロックはここだけ抑えとけ【アーティスト総まとめ】」

→【まとめ】で網羅されている印象を与える事が出来ます。

「泣ける洋画【2020年版】」

→【2020年版】等と書くことでその年のまとめ感が出る&最新感を出すことができるのでおススメです。

 

一つのページで済むので有ればそれに越したことは有りません。

是非、しっかりとしたページを作る際には使いたいテクニックです。

 

ネガティブなタイトルで引き付ける

ネガティブな単語も人間の興味を引き付けます。

 

ネガティブをタイトルに使う例

「やってはいけない内定辞退のメール文」

→【やってはいけない】等、不安感を煽る事で、それは「何」と興味を引きます

「会社で嫌われる人の特徴とは?」

→【嫌われる】等、自分はなりたくない物は気になりますよね。

「ブログはもう稼げない【オワコン】」

→【○○はもう出来ない】等と書くことで、それを目指す人はその理由が気になるようになりますよね。

 

やりすぎると嫌悪感を抱かしてしまうので注意が必要です。

 

まとめ・おススメの方の紹介

タイトルのつけ方次第で、読み手の興味は大きく変わります。ブログ記事を読んでもらうための最重要項目とも言って良いでしょう。今後は是非この記事のテクを活かしてみてください。

 

僕はブログのタイトルをつけるときには以下の本を使っています


 

毎回、真剣にブログタイトルを考える時間も勿体ないので、本の例題を使う等も悪くないです。是非苦労を減らしたい方は購入を検討してみてください(この本の回し者じゃないですww)

 

 

こちらの記事では「検索上位」に表示させるためのタイトルテクを書いていますので是非参考にどうぞ

検索に上位表示させる記事タイトルのキーワード選定【5ステップで紹介】

続きを見る

 

 

-ブログ記事のタイトル関連

© 2021 スバルログ Powered by AFFINGER5