良ければ↑の画像をクリックをお願いします

業界ネタ記事

6.4号機は有利区間ランプ撤廃!?いつから?どう変わるの

2021年12月15日

Pocket

どうもすばるです。またパチスロに緩和(?)の話題が出ていましたね。

どうやら有利区間ランプが無くなるようです。どんな影響が出るか僕なりに考えてみた記事になります。

 

有利区間ランプとは何ぞ

有利区間ランプは押し順や狙え指示を出す区間でつくランプの事です。上の画像で言うと「4」の隣に有る「点」が有利区間ランプです。

一度付いたら有利区間が終わるまで付きっぱなしと言うルールになっています。

この有利区間ランプは、多くの台で辞め時のタイミングになると言うデメリットが有りました。

 

有利区間ランプが無くなるとどうなんの?

有利区間ランプが無くなるとどうなるのかと言うと、「打感がかなり5号機に近くなる事」が想定出来ます。

5号機を思い出してみてください。ATやARTの終了時に即辞めしていた台、あまり有りませんでしたよね?

レア小役の前兆だったり、高確だったり、CZストックだったり色々と辞めない理由が有りました。それに近い打感になると思われます。

 

エナしずらくなる(しやすくなる可能性も有り)

有利区間ランプはエナにとって神機能でした。

有利区間ランプが付いた状態で捨てられていれば期待値が有るみたいな台は多く有りましたし。

辞め時も有利区間ランプ準拠で辞める事が出来たので非常にわかりやすい「打ち/止め」時の示唆になっていました。

これが無くなる事でおそらくエナはしずらくなると言えますね。

ただ逆に「有利区間ランプ」が無くなる事でエナの条件が複雑化して、詳しい人間はエナれるようになる可能性も有ります。

今よりもっと複雑な情報で期待値を算出する事になると思います。

 

即辞め台ばかりじゃなくなる

有利区間ランプは、非常に「クソ」なシステムで、パチスロの期待値を否が応でも意識させる最低な仕組みでした。

消えたらそこから○○G間は期待値がマイナスなのが確定!みたいな台がかなり多く有り。致命的に稼働を落としていました。

代表例でいうなれば「バジリスク絆2」ですね。

ハイエナ全員が有利区間ランプが消えるタイミング(終了画面)で辞める⇒一般ユーザーもそこで辞めるという連鎖が起き、問題になりました。

ユーザーは自由な意思で辞めるのは当たりまえですので、明らかな辞め時を提供して終了画面を隠す仕組みが無いメーカー側が良くない事例では有りますが、、、

この現象も有利区間ランプが有るからこそ起こった現象であると言えます。

この有利区間ランプが無くなる事で、あからさまに全員同じ場所で辞める事は減ると思われます。

 

メーカーも自由に開発が出来る

有利区間ランプを意識しない開発が出来る事はメーカーにとってもプラスに働くと思われます。

6.3号機の規制緩和によって有利区間3000Gに加え、差枚数2400枚まで出せるようになりました。

これによって有利区間をやたらめったら切る必要はなくなったのでAT終了後に恩恵が付くときと付かない時なども出来るようになり、継続遊技する理由が産まれるハズw

 

 

今後ユーザーが求めるスペックってなんだろう

これは答えが出せない部分では有りますが僕なりに考えて見ましたw

妄想

①別にどこからでも打てて辞め時とかエナとか気にしないで良い事(風に感じられるスペック)

②振り出しに戻った感を感じずらいAT終了

③ワンチャン感有ると妄想できる出玉性能

 

こんな感じだと思います。

有利区間ランプは「期待値」という言葉を深くユーザーに認知させてしまった原因の一つだと思います。

とにかく6号機はカマ掘られるのが嫌で打ち切らないといけない感を感じてしまう。

その事がそもそも打ちたくないにつながる事は多かったと思います。

5号機までとはいかないですが、今回の「規制緩和+有利区間ランプ消滅」は好きなタイミングで打ち易くなる、期待値や辞め時を多少気にしないで済む良い緩和なのではないでしょうか?

 

ここまで読んでしまった方は是非クリック

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

パチスロ規制緩和 差枚数2400枚に変更で出来る事とは!?

 

すばるおすすめ今熱い広告(お金的に)

「初回トレード」で1万円以上キャッシュバックの期間限定キャンペーン中!

すばるログ人気記事

-業界ネタ記事

© 2022 スバルログ Powered by AFFINGER5