良ければ↑の画像をクリックをお願いします

ブログ記事内容

プレップ法(PREP)とは?簡単に使いこなすための方法を紹介

2020年11月21日

Pocket

「ブログ記事の書き方のオススメって無いの?」

「ブログ記事の書き方のテンプレートって有るのかな?」

「わかりやすいブログ記事ってどうやって書くの?」

 

そんな疑問を解決します。

初心者でも即実践出来るブログ記事のオススメの書き方について紹介します。

 

今回は、ブログ記事と相性抜群な「PREP法」と言うテクニックを紹介しつつ、ブログ記事の基本的な書き方について紹介します。

この記事の内容を実践することで、最後まで読まれるより満足されるブログ記事を書くことができますよ!

 

✓ ブログ管理人について

 

すばる
スバルログの管理人です。よろしくお願いします

 

PEAP法とは?

まずは、ブログ記事を書くための基本になる【PREP法】について簡単に紹介します。

PREP法は以下の文章構成のことです。

もっと詳しく

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

それぞれの頭文字を順番に並べると「PREP」なので、PREP法と呼ばれます。

「結論」を最初に強調し、最後に「結論」を再度強調するのが、PREP法の特徴です。

 

PEAP法を使ったブログ記事構成について

ブログ記事とPREP法は相性が良いです。理由は、「ブログ記事を見る人は相当にせっかち」だからです。

読み手は、求めている情報ではないと判断すると、ブログ記事を「即離脱」します。即離脱されると「離脱率」が上昇してGoogleから良くない評価をされることになります。

だからこそ、始めに結論を持ってくる事で、「この記事はあなたの求める情報だよ!」とアピールすることのできる【PREP法】が向いてると言えます。

 

では、実際にPREP法を使ってブログ記事について書く方法について書いていきます。

 

※図の【A】タイトルの書き方につきましては、以下の記事を参考にしてみてください1

・SEOを意識したタイトル付けに関しては以下の記事で記載しています。

・よりクリックしたくなるタイトル付けに関しては以下の記事で記載しています。

 

【B】本文では「結論・理由・具体例」の順で説明しよう

まずブログ記事にはタイトルの次に、「結論となるリード文」を入れる事をおススメしています。

このリード文で読み手の心を掴めるかが大切です。リード分はブログ記事の内容まで読んでもらえるかどうかが決まる箇所になります。

 

リード文の書き方とは?

リード文と言うのは記事の概要です。記事の内容を簡潔に書くべき箇所になります。

このリード文では、読み手に「求めていた情報が書いてある」と確信を持たせ、「もっと読みたい」という気持ちにさせる事が重要です。

リード文が、読み手の心にマッチしないとすぐに記事から離脱されてしまう原因になります。

リード文さえうまく書けていれば最後まで読まれる率が大幅に上昇します。

 

リード文で意識すべきなのは以下の三つです。

 

①自分の抱えている悩みが書いてあると認識させる

リード文では、「この記事で自分の悩みが解決できる」と、読み手に思わせる事が重要です。

僕のブログ記事では、どんな悩みを抱えてる人がこの記事を読むのだろうと考えた上で

○○な不安を抱えているんだけど、解決策ないかな

こんなキャラを使い、読み手の声を表現する事で「この記事は自分の悩みについて書いてあるな」と認識させています。

 

②悩みを解決すると記載する

すばる
「この記事ではそんな○○不安を解決するための方法を教えます」

不安を解決する旨を書く事で、記事に対する期待度が上がり、最後まで読まれやすくなります。その結果「ページ滞在時間」が伸びます。

 

③解決方法と解決した後のビジョンを伝えてあげる

「○○な不安を解決する方法はずばり▲です!。この方法を実践する事で、あなたの持つ○○な不安が解消され、結果こんな利益がでます。」と言うのを初めに書きましょう。

この記事を読んだ結果、こんな得があるよ!と言うのはブログ記事を読む意欲に繋がります。

 

リード文は、出来るだけ簡潔に記事の結論を書いてください。あまり長すぎるといつ本題になるのかな?と不審感を与えます。読み手は出来るだけさっさと結論を欲しがっています。

 

理由と具体例を紹介するのが見出しと内容の役割

リード文での結論に対して、論理的に説明するパートが、図で言う「見出しと内容」にあたる箇所です。

PREP法で言うと理由の箇所に当たります。

※「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)」

 

理由と具体例の書き方の例

人を納得させるための論理的な説明には「理由」と「具体例」が必要です。例で言うと

結論:「PREP法はブログ記事を書く上で有効な手法で有る」

理由:「何故なら、インターネットを使って検索する理由は悩みに対する結論が欲しいからです。だからこそ、始めに結論が書かれているPREP法を使うことで読み手の求める内容を明確に提示することができます。」

具体例1:「結論から書かれたブログ記事は読み手の求める情報であるか、直ぐに判断が出来ますよね?」

具体例2:「そして、記事の大部分は、読み手の求める結論に対する補足説明になっているので、結果最後まで読んでもらえる率が上がりますよね?」

結論:「だからこそ、離脱率が低い事が重要であるブログ記事において、最後まで読まれる可能性の高まるPREP法は有効な手法で有ると言えます」

 

 

具体例は三つまでに抑える事が重要

基本的に見出しと呼ばれる部分は、3つまでに抑えましょう。何故かと言うと3つと言うのは、人間が短期で記憶できて複雑だと感じない個数の限界値だからです。

「3大コンセプト」や「序破急」や「守破離」等、3つにまとめる事の重要性は先人達からの知恵です。
めんどくさい記事だと思われないためにも見出しは3つにしておきましょう。

 

 

【C】まとめで書くべき結論とは

まとめで書くべき結論とは「リード文で記載した結論」と【ほぼ】同じ結論です。

【リード文の結論】と【まとめ】の差は、リード文はユーザーを惹きつけるための「簡潔な結論」であるのに対し、まとめは「内容のおさらい」も含めたまとめである事です。

リード文:「ブログ記事にはPREP法がおススメです。なぜなら最初に結論を書くこの方法は、読み手が、疑問について答えてくれる記事と認識してくれ、最後まで読んでくれる率が上がるからです。」

まとめ:「PREP法を使う事で、途中離脱率が下がり、ブログとしての評価も上がる事になる」

このように読んだ人間にだけわかる差をつける事で、読み手に満足感を与えてあげましょう。

 

まとめ PREP法はブログに有利

PREP法を使う事でブログにとって2つ有利な点が有ります。

・「読み手が求めているページだと認識させる事で即離脱が低下」

・「読み手が求めている結論の補足説明だからこそ最後まで読まれる記事になり、滞在時間が伸びる」

PREP法を使う事により、ブログ記事が読まれやすくなります。

ブログ記事をしっかり読み手が時間をかけて読んでくれる事は、Googleの評価にとって良い条件を満たす事が出来る手法になります。

Googleでは「ページの滞在時間」が長いほど、検索で上位に表示されやすいといった特徴がありますのでPREP法はGoogle検索においても有利な手法であると言えます。

 

初心者がブログの書き方に悩んだ際はこの「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)」の方式で記事を書くことで、人を満足させる記事を書くことができるようになります。

慣れるまではブログ記事を書く前に、箇条書きで「PREP」の要素を書き出して見る事をおススメします。

結論をしっかり見据えた上で、ブログ記事を書き始める事で内容のぶれない良い記事を書くことが出来るようになりますよ。

是非、ブログ記事を書いたりリライトする際には参考にしてください。

爆速でブログ初心者が0から収益化するまでの手順【2020年版】

-ブログ記事内容

© 2021 スバルログ Powered by AFFINGER5